伊藤貴仁

私のメディアラボ年

NHKの客員科学者である伊藤隆人は、会社のメンバーとしてメディアラボに参加し、新しい方向性を持つバーチャルリアリティの乗組員として退職しました。

伊藤貴仁

私は日本の公共放送局であるNHKでコンピューターグラフィッククリエイターとして働いています。 NHKはメディアラボのメンバー企業であることは知っていましたが、メンバーシップが個人的にこの関係から利益を得る機会を与えるとは考えていませんでした。 2年前、NHKの同僚がラボのメンバーウィークの話とともに東京に戻ってきて、ラボの客員科学者になる機会について話したときに知りました。

また、NHKは8Kテクノロジーに関心のあるラボの主任研究者(PI)のために会議を開催しました。これは非常に高い解像度です。 NHKが変化するテレビ業界をナビゲートする際に8Kを開発および拡大しているため、それが私の注目を集めました。だから、私は彼らが何をしていたかについてもっと知るためにそれらのPIのリストを得ました。

セザールイダルゴ(右)は、伊藤隆仁(左)が客員科学者として働いていた集団学習グループを率いています。クレジット:Xiaojiao Chen

翌年、NHKがメディアラボの企業メンバーになったとき、NHKの2人の従業員が客員研究員として派遣されました。これは、一定レベルのメディアラボメンバーシップを持つ企業に認められているメリットです。また、2015年秋のメンバーミーティングでNHKを代表することができました。これには、日本のスポンサー企業向けのラボPIによるワークショップとプレゼンテーションの合同セッションが含まれていました。これらの経験を通して、私は客員科学者としてメディアラボに戻りたいと思いました。

メディアラボに行った理由

何年もの間、NHKの特別なドキュメンタリーシリーズなど、テレビ番組のコンピューターグラフィックスを作成してきました。グラフィックスは、データの視覚化に焦点を当てており、地震からスポーツ、天気にまで及びます。東京2020オリンピックが近づいているため、メディアラボで発見したように、8Kなどの新しいメディアテクノロジーや仮想現実(VR)を探索することで、新しいサービスへの道を開くことが目標です。 8Kは、8Kの研究開発を開始した最初の会社となった1995年以来、NHKの優先事項であり、HDKの16倍の解像度を持っています。

そのことを念頭に置いて、2015年にメディアラボを訪問しました。そこで、ラボの集団学習グループを指揮し、私の興味と一致するセザールイダルゴ教授に会いました。セザールと握手することは、私の人生で最も記憶に残る瞬間の1つであることがわかりました。彼のグループに私を惹きつけたのは、データ分析と視覚化の両方に焦点を当てていることと、私の仕事に応用できる可能性があることです。それで、東京に戻って、私は1年間のラボ割り当ての提案と計画を書きました。途中でした。

メディアラボ外の集団学習クルー:(l-r)CésarHidalgo、Kevin Hu、Aamena Alshamsi、Takahito Ito、Bogang Jun、Luisina Pozzo-Ardizzi、Mia Petkova、Cristian Jara Figueroa、Mary Kaltenberg、Ambika Krishnamachar、およびSuzanne Wang。クレジット:MIT Media Lab

私は昨年の4月に、春のメンバー会議に間に合うようにメディアラボに到着しました。数日のうちに、集団学習グループとの最初の会議に参加しました。私は驚きました。グループの全員がメンバーミーティングのために組織化するのに忙しかったです。他の活動の中で、彼らは壁を掃除していました!

その時、私はこのグループに参加したときに、壁のクリーニングからデータの処理、プロトタイプの作成まで、関連するあらゆることについて協力することにしました。私の考えでは、それはすべてのグループメンバーとの良好な関係にとって重要でした。実際、私は彼らのフィードバックを求めるだけでなく、彼らの仕事を観察するために、グループの共有エリアにいることができるようにオフィスを移動しました。彼らがどのように論文やプロジェクトでコラボレーションを形成しているかを見るのは驚くべきことでした。時には会議で、時にはカジュアルな食事で。グループのダイナミックさの重要性は、メディアラボでの最初の学習経験でした。

データをストーリーに、現実をVRに

私の2番目のレッスンも、ラボでの時間の早い段階で行われました。私は東京からケンブリッジに旅行しましたが、8Kの技術だけに集中することを期待していました。しかし、セザールは、物語を伝える方法として、仮想現実(VR)も検討することを推奨しました。大学でVRと人間と機械の相互作用を研究してから10年以上経ちました。したがって、この推奨事項は私にとってはもう1つの驚きでした。VRには常に興味を持っていましたが、それは期待したものではありませんでした。

セザールは、私とNHKにとって良い道になると確信しました。彼は彼の研究に対して情熱的なアプローチをしており、私はその情熱を吸収しました。彼は分析の側にいて、私は視覚化の側にいます。それでも、NHKがストーリーを伝える新しい方法に移行するためにVRと8Kを組み合わせる方法を見つけることは困難でした。しかし、それは重要です。私の会社は360度の映画の撮影を開始しましたが、同僚のほとんどは2Dの長方形フレームを削除した場合の効果を知りません。また、彼らは非線形の方法で物語を伝える方法を知りません。

「私の仕事は、会社の新しい方向性に影響を与えていると考えています。」

VRに没頭する

クレジット:CésarHidalgoと伊藤貴仁これらの2つの画像は、VRフィルム、没入型3D環境、VRデータ視覚化を組み合わせた架空の仮想現実体験であるBiodigital VRプロジェクトのシーンを示しています。クレジット:CésarHidalgoと伊藤貴仁

バイオデジタルは、VRフィルム、没入型3D環境、VRデータの視覚化を組み合わせた架空の仮想現実体験です。 SFストーリーと仮想現実のデータ視覚化を組み合わせて、データを映画のような体験に変換し、ユーザーがストーリーのキャラクターとして絡み合うようにします。バイオデジタルは、人間が生物学的部分とデジタル部分を組み合わせた機械に組み込まれている世界で、今から100年後の人類の物語を語っています。私たちはユーザーをこの世界に置き、「将来どのように生きるべきなのか」と考えるように促します。

バイオデジタルの作成中に、倫理的および社会的な影響を考慮せずにテクノロジーを作成することはできないことに気付きました。テクノロジーの使用方法どのように社会に適応させるのでしょうか?このような質問は、Biodigitalのストーリー全体で取り上げました。

バイオデジタルはまだ公開されていませんが、先月のラボの春のイベントで非公開にし、素晴らしいフィードバックを受け取りました。これはセザールだけでなく、他の研究グループの人々、地元のサウンドエンジニア、チリのデザイナー、ハーバード大学の学生との素晴らしい共同プロジェクトでした。ラボに来る前は、そのようなコラボレーションを経験したことはありませんでした。さまざまな専門分野の研究者がそれぞれの専門知識を共有し、結果として新しいアイデアを思いつくのに役立ちました。それは私にとってもう一つの教訓でした。

「研究室にいる前は、そのようなコラボレーションを経験したことはありませんでした。」

また、共有が両方の方法で行われることも発見しました。多くの場合、研究室の他のプロジェクトについてのフィードバックを求められましたが、昨年、MITサマーリサーチプログラム(MSRP)のアドバイザーになって恩返しをする機会を得ました。ニューヨークで、私は彼がワシントンDCのインタラクティブツアーを作成するのを手伝いました。ダニエルは、私の英語を上達させるのを助けてくれました!

伊藤貴仁は、ロチェスター大学の学生であるダニエル・ディアス・エチェヴェヘレ(右)を支援して、MITサマーリサーチプログラムのVRプロジェクトを行いました。クレジット:Aamena Alshamsi

重要なポイント

Media Labには27の研究グループに加えて、他のいくつかの研究イニシアチブと特別利益団体があります。私が最初に気づいたことの1つは、異なる分野間で人々がどれだけ自由に移動できるかということでした。たとえば、私のバイオデジタルプロジェクトに関する意見やフィードバックについて、デザイナー、アーティスト、エンジニア、科学者の特別な専門知識を求めることができました。

私がラボにいたときのすべての教訓のうち、3つの優先事項が際立っています。

  • ストーリー:ラボの主任研究者と研究者は、私が「遠い未来」と呼ぶものについて考え、探求します。彼らはサイエンスフィクションを現実の物語に変えようとするクリエイターです。びっくりしました。
  • 目的:テクノロジーをどのように使用し、何のために使用するのかを疑問視することは私たちの責任であることに気付きました。研究を社会にどのように結び付けるのでしょうか?この1年は、世界を探検して考える時間を持っていました。
  • プロトタイプ:プロジェクトのプロトタイプを作成した後、プロジェクトのデモ、議論、改善が容易になったことがわかりました。実際、私は、日本に帰国するほんの数日前に行われたラボの最新のメンバー会議で受け取ったコメントに基づいて、まだBiodigitalを改訂しています。
(l-r)2016年春のMedia Labのメンバーウィークで、NHKの同僚である高木一貴、押尾由紀子、大mat久之、松村Kin司と伊藤隆人。クレジット:MIT Media Lab

視点を変える

東京に帰ってきた今、バイオデジタルの仕事を続け、セザールイダルゴと共同学習の仲間の研究者と連絡を取り続けます。私は自分のグループをある種の「船」と見なすようになりました。セザールが船長、学生や他の研究者が乗組員で​​す。私が最初に参加したとき、私は船の乗客のようでした。 1年後、私は自分自身を乗組員だと思っています。

しかし、私は乗組員ですが、NHKへの貢献についてより広い視野を持っています。これは、仕事をするのに役立つ鳥瞰的な視点です。画期的なテクノロジーを探索して作成することにより。

「メディアラボに参加する訪問科学者への私のアドバイスは簡単です。すぐに飛び込みましょう!」
セザール・イダルゴと伊藤貴人(右)とバイオデジタルチームの他のメンバー(左から)ダニエル・マグナニ、カリー・ウー、ダニエル・マスキット。クレジット:MIT Media Lab

伊藤隆人は、MIT Media LabのCollective Learningグループの客員科学者でした。彼は、日本最大の放送局であるNHK(日本放送協会)のCGI(コンピューター生成画像)スーパーバイザーです。

謝辞:チームバイオデジタル:セザールイダルゴ(メディアアーツアンドサイエンスの准教授、メディアラボの集合学習研究グループの責任者)、ダニエルマスキット(リサーチアフィリエイト、ソーシャルマシン)、ダニエルマグナニ(マサチューセッツ州ケンブリッジのオーディオエンジニア)、フェデリコウィルケンスクラウセン(チリのデザイナー)、クリスティアン・ジャラ・フィゲロア(研究助手、集団学習)、カリー・ウー(ハーバード大学の学生)、ミカ・カナヤ(NHK)、ダニエル・ディアス・エチェヴェヘレ(ロチェスター大学の学生)集団学習。

この投稿はもともとMedia Labのウェブサイトで公開されました。